<< ふぐ 今が旬? | main | あおりいかの旬? >>

スポンサーサイト

0
    • 2014.11.24 Monday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    料理人としての挑戦

    0
       私はランニングが趣味で、深川ランナーズというチームにお世話になっております。 その深川ランナーズが今年で30周年を迎えます。  チームが出来た当初は人数も少なく、駅伝チームに必要な5人を集めるのに苦労されていたそうですが、今や 80名を超える大所帯のチームに成り、昨年は東京都のスポーツ功労賞を受賞しました。  その30周年の記念式典が先日行われたのですが、私はその式典の料理を担当することになりました。 参加人数は70名。風流寄席でも50名ですから、これだけの大人数の料理をすることはまずありません。  しかもお店に来ていただくのではなく、ケータリング方式。全く未知の世界に挑戦です。  品物も限られてしまいます。まずお刺身はNOです。汁ものも持ち運びが出来ないので献立には入れられません。 予算も青天井とはいきませんので、普段お店で御出ししている料理はほとんど使えません。 料理も出来上がってから召し上がっていただくまでのタイムラグが3時間、そんな中で式典に来ていただいた 方々に満足していただける料理を提供できるか、条件としてはかなり厳しいです。  しかしながら不思議なものです。 条件が厳しければ厳しいほど料理人としての魂がメラメラと燃えてきます。何とかする!! そんな思いで食材を選定し、メニューを作成しました。  もうひとつの問題点は当店の冷蔵庫のスペースです。事前に幾らでも仕込みが出来るわけではありません。 冷蔵庫ワークとでも言いましょうか、あそこのスペースに○○があって、あと何人前で小さいタッパウェアに 移せるか、そんなことも考えながら仕事をしていました。  幸いなことに連休明けにしては忙しいかったので、品物が上手い具合に売れてくれました。 今回の式典の料理仕込みが上手くいったのはこの連休明けに来て下さったお客様のお陰かもしれません。  実際に式典には参加しませんでしたが、皆様大変に喜んで頂いたようでした。 一見無謀とも思えるミッションでしたが、私にとってはとても貴重な経験でした。  ランニング仲間に改めて感謝するとともに、これからもいろいろな事に挑戦し続けて行きたいと思います。

      スポンサーサイト

      0
        • 2014.11.24 Monday
        • -
        • 18:01
        • -
        • -
        • -
        • -
        • by スポンサードリンク

        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        calendar
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << November 2018 >>
        PR
        selected entries
        archives
        recent comment
        links
        profile
        search this site.
        others
        mobile
        qrcode
        powered
        無料ブログ作成サービス JUGEM